Skip to content

税金って、いったいどのくらい払えばいいの?

チャットレディーとして働いて得たお給料から税金を支払う……
これを考え始めるとけっこうややこしいのですが、働いて税金を支払うという一連の流れについては、大人として避けては通れないものなので、バシッと覚悟を決めて考えましょう。

とはいえ、何らかの形でお金を稼いでいる人が、全員平等に税金を支払わなければならないのかといえば、そういうわけではありません。
税金の支払い義務が発生する最低限度の所得というものがあります。

ひょっとしたら、「年収103万を超えたら税金の支払い義務が生じる」というような話を聞いたことがある人もいるかもしれません。
けれども、この話は実はチャットレディーには正しく当てはまらないので注意が必要です。
詳しいことについては、国が発表している税金に関する情報をホームページでご確認ください。
決して逃げているわけではなく、大人として働き始める以上は、こういうことをきちんと調べて自分で理解しておく必要があるのです。

ここでは、最低限度の説明を分かりやすく行います。
あなたにとってチャットレディーの仕事が専業なのか、それとも副業なのか?
この違いによって、税金を支払う義務の生じる報酬の最低限度額が違ってきます。

チャットレディーの仕事を本業にしている場合は、稼ぎが38万円を超えたところから、そしてチャットレディーの仕事を副業としている場合、すなわち普段は会社勤めなどをしている場合は、チャットレディー単体としての所得が20万円を超えたところから、税金の支払い義務が発生します。

さらに説明を加えると、仮に1年間の報酬が上の金額に届かなかった場合は、確定申告を行う義務が発生しないので、それも覚えておきましょう。

まあ、仮に自分が納税をうっかり忘れていたとしても、確定申告をきちんと行っていさえすれば、お住まいの地方自治体から納税に関する督促状が届きますので、よほどのことがない限り、税金を払い忘れるというトラブルは起こりえないわけですが。

ちなみに、チャットレディーとは会社から「雇用」されて始める仕事ではなく、業務的請負契約というものを結んで始める仕事なので、形としては「自営業」に近いものがあります。
そのため、税金というものが毎月のお給料から天引きされることがなく、自分できっちりと自覚をもって確定申告を行わなければ「脱税」という悲惨なトラブルを引き起こす可能性がありますので注意してください。

まれに、誰もが知る著名人が億単位の金額を脱税したという報道が新聞などで行われる場合がありますよね。
チャットレディーの報酬からして、さすがにそこまでトラブルが大きくなることは考えられませんが、確定申告を忘れたことによる脱税という意味ではまったく同じことをしているわけなので、くれぐれも注意してください。

Comments are Closed on this Post