Skip to content

顔出し、ライブチャットが怖い…、という人でも大丈夫

チャットレディーの収入が凄いという噂、これは事実なんですけれども、そうと聞けばぜひ自分もやってみたいと考える方が多いと思います。
けれども、ここで一つ問題が。
なにを隠そう、ライブチャットは基本的にアダルトな話題を扱う仕事だということ。
話相手を求める男性の気分を盛り上げる役割を担うわけですから、それもある程度は仕方のないことかもしれません。

当然のこととして、
「エッチなことをしなければならないなら、ライブチャットはやりたくないな……」
と考える女性は大勢います。
なにを隠そう私もそういう人間でした。
それなのにどうして今ライブチャットのお仕事を続けているのかというと、ノンアダルトで勤められるライブチャットの専門サイトというものがあるからです。

時給で言えば、アダルトな話題でもオッケーという女性の方が稼ぎます。
これも当然のことと言えるでしょうね。
男性会員からの要望を考えても、エッチな話題に付き合ってくれる女の子の方が重宝されますから。

どの程度までならアダルトな話題についていけるか、というのは個人にとっても大きく違ってくると思うのですが、そういう話題は根っからまるっきしダメだというよりは、少しでも対応できた方がお金を稼ぐうえで有利なのは間違いありません。
現在のところ、チャットレディーとしてお仕事をされている女性の中には人妻も多いですが、彼女たちは一様にしてライブチャットに対応している場合が多いですね。
若い女性に比べれば、男女の恋愛や性的な話題に関して、良くも悪くも「開き直った」ような価値観を持っているのでしょう。
もともと、若い女性の間でありがちなように、性的な話題というのはタブー視するようなものではないですし、自分にとって運命の人はたった一人だけだから!
というような夢見がちな幻想も、当の昔に捨て去っているわけです。

だから、人妻は平気な顔をしてライブチャットに参加できる人が多い。
これはもちろん考え方の問題で、人妻であろうがなんだろうがアダルトな話題は絶対に無理という人はいますし、お金を稼ぐためなら何だってできるという若い女性もいます。

基本的に、チャットレディーは18歳以上の女性なら誰でも従事できる仕事です。
インターネットの回線に接続されたパソコンを所有していることは絶対的な条件になりますけれども、その条件さえクリアできれば、働くことがとりわけ難しいということもありません。

先述した通り、ノンアダルトのライブチャットもありますが、稼ぎが良いのはやはり、アダルトな話題をオッケーとした専門サイトです。
専門サイトごとにどういう働き方をすればいいのかということは若干の違いがあるので、自分がチャットレディーとしてサイトに登録を済ませる前に、細かな労働条件については確認しておくべきです。

また、同様に「顔出しがNG」という人でも、会話の身で参加できるチャットレディーの仕事もあります。
専門サイトの数はちょっと少なくなるんですけど。

Comments are Closed on this Post